Monthly Archives: 11月 2012

平成24年11月のことば

1.正面掲示板 人生 (じんせい)には 苦労(くろう)の元手(もとで)が 大切(たいせつ) (法句経 訳)   2.東入口掲示板 「善人」は 暗い 自分のなした行為が、 他に認められないと 愚痴になるからだ   … Continue reading

Posted in 今月のことば アーカイブス | 平成24年11月のことば はコメントを受け付けていません。

報恩講 準備

本日は(報恩講3日前)まず、内陣の花瓶(かひん)を降ろし、それまでのお華を解体します。           次に、お内陣の掃除、その後、打ち式を掛けます。   … Continue reading

Posted in 行事報告 | 報恩講 準備 はコメントを受け付けていません。

門徒委員会が開催されました。

  11月25日(日)清掃奉仕の後、午後2時より、門徒委員会が開催されました。             西恩寺では、班長・世話役・委員・総代、住職も入 … Continue reading

Posted in 行事報告 | 門徒委員会が開催されました。 はコメントを受け付けていません。

「ほんに いままで知らなんだ」

  「教え」に対する私たちの姿勢は、「教え」を分かろうとしていて、仏法を聞いていないのではないでしょうか。仏法は、私に何を願ってくださっているのかを棚上げして、分かるとか、分からぬとか・・・。 分かれば救われる … Continue reading

Posted in 池田勇諦(前住職)の話 | 「ほんに いままで知らなんだ」 はコメントを受け付けていません。

門徒会 清掃奉仕を行いました。

  11月25日(日)朝の9時から恒例の清掃奉仕が行われました。 今回は、Aグループの担当でしたが、グループを問わず、たくさんの門徒の皆さんが駆けつけてくださいました。 この時期の清掃奉仕は例年、報恩講の直前で … Continue reading

Posted in 行事報告 | 門徒会 清掃奉仕を行いました。 はコメントを受け付けていません。

中日新聞 〈人生のページ〉 ⑮

  おお無明よ                     『暁烏敏全集』  ゴータマ・シッダールタ(釈迦)のさとりの意味を、先人はこの一語で表現した。 既存のインド固有の民族宗教にも求めるものはなく、 独り菩提樹 … Continue reading

Posted in 池田勇諦(前住職)の話 | 中日新聞 〈人生のページ〉 ⑮ はコメントを受け付けていません。

〈社員さんへのメッセージ⑧〉

(2012年11月1日のメールを掲載します。住職)   社員の皆様へ   今日から、鶴舞地区において、名工大と共同で開発した、コミュニティサイクル「NITY」(ニッティ)の社会実験がスタートします。 … Continue reading

Posted in 門徒の声 | 〈社員さんへのメッセージ⑧〉 はコメントを受け付けていません。

ある日のお参り(2) いのちの誕生 「初参式」

  親; おまえのことをどれだけ案じているか 子; 大きなお世話や!俺は自分で考えているから、ほっといてくれ。 親; でもな、そんなことでは、世の中通用しないぞ! 子; うざい!  しつこい。 親; なんだ、そ … Continue reading

Posted in 住職の思いつき | ある日のお参り(2) いのちの誕生 「初参式」 はコメントを受け付けていません。