Monthly Archives: 2月 2018

2018年1月のことば

1.正面掲示板 ―きな臭い― 紙一重 独走と 独裁 (毎日新聞)        2.東入口掲示板 「浮生」の生き方を 悲しみ、大地を与える 南無阿弥陀仏       &n … Continue reading

Posted in 今月のことば アーカイブス | 2018年1月のことば はコメントを受け付けていません。

「信仰」は意外性と驚き-(人間の意識の延長上には開かれない)

ある夜、男は夢を見た。彼は主なる神と共に浜辺を歩いていた。天空におのが人生の一コマ一コマが映しだされた。                              大橋保彦訳『足跡』                    … Continue reading

Posted in 池田勇諦(前住職)の話 | 「信仰」は意外性と驚き-(人間の意識の延長上には開かれない) はコメントを受け付けていません。