Monthly Archives: 5月 2012

 「善人だから救われない」

  ■ 生きる意味を問う者にとって    生きる意味を真剣に問おうとする者にとって決定的に大切な意味をもつのは、真実か虚偽かの問題だ。それは私たちの日常が万事「善・悪」の次元であることからして、その善悪の分別を … Continue reading

Posted in 池田勇諦(前住職)の話 |  「善人だから救われない」 はコメントを受け付けていません。

〈社員さんへのメッセージ③〉

(2012年5月8日のメールを転写します  住職 ) このたびの奥穂高で遭難され亡くなられた愛知県の方が、保育園運営法人の 非常勤スタッフの義理のお兄さんであったとの報告を受けました。 突然の悲報に、心よりお悔やみ申し上 … Continue reading

Posted in 門徒の声 | 〈社員さんへのメッセージ③〉 はコメントを受け付けていません。

インタビュー(2)

  西恩寺は、4日の「同朋講座」に、前住職のご縁の方々が聴聞に来られます。中でも、仕事中心の30代~50代の方々もおみえです。仕事の都合をつけて、聴聞に来られます。もちろん60代~80代の方も。 また30年~4 … Continue reading

Posted in 住職の思いつき | インタビュー(2) はコメントを受け付けていません。

中日新聞 〈人生のページ〉 ⑧

  自己とは何ぞや これ人生の根本問題なり                        清沢 満之 「仏教は自己を明らかにする道」という。だがその場合、自己とはどんな自己をいうのか。 決して社会から切り離した … Continue reading

Posted in 池田勇諦(前住職)の話 | 中日新聞 〈人生のページ〉 ⑧ はコメントを受け付けていません。

《投稿》  「ある日のお参り(1)」によせて

ご住職は、本当に正直な方ですよね。大爆笑させていただきました。 自分は協力している=子育ては母親の仕事だけど、協力している=自分は偉い=他所で言ったのが許せない でも、まあ、注意してくださるご門徒さんでよかったですね。坊 … Continue reading

Posted in 交流の広場 | 《投稿》  「ある日のお参り(1)」によせて はコメントを受け付けていません。

ある日のお参り (1)

  1998年3月末に京都での14年間の生活に終わりをつげ、桑名(西恩寺)に帰ってきました。もう14年が過ぎました。それから、毎月30件程の「月命日」参りをしています。日程が重なったりする時は、坊守(連れ合い) … Continue reading

Posted in 住職の思いつき | ある日のお参り (1) はコメントを受け付けていません。